新潟北部の公園 アウトドア情報

大平山

頂上のブナの森でのんびりと

南大平森林キャンプ場が登山口

ohdaira01村上市神林地区、国道290号線から東側に見える山で神林地区の最高峰らしいですが、地形図で見るとその奥に579mと580mのピークがあるような…。ともかく、ゆったりとした山容は大平の名前の通り。もっとも登山口の集落の名前が南大平なので、山容と山の名前は関係ないのかもしれませんが…。
一番ポピュラーな登山口が南大平キャンプ場から北側の尾根を伝うコースです。特にコース名や尾根名が記載された資料は見当たりません。北尾根コースとでもしておきましょう。この他、長距離になる南の尾根コース、石川の上流まで林道を行き、一気に尾根を登り詰めるコースなどがあります。どのコースもキャンプ場が起点となり、舗装された駐車場があり、トイレ、水道が使えますので設備的にも訪れやすい山の一つです。
キャンプ場管理棟の受付に地図が貼ってあるので、確認していくのも良いでしょう。管理棟の道路向かいに登山届用のポストがあり、その脇の舗装された道が登山道です。
舗装はすぐに終わり、良く整備された道が緩い雑木林の尾根を登っています。しばらく行くと右手に林道のような工事箇所があり、木々が開けた奥にチラリと頂上が見えるはずです。

キャンプ場管理棟(右)の向かいが登山口

キャンプ場管理棟(右)の向かいが登山口

登り始め。左手は牧草地

登り始め。左手は牧草地

尾根伝いに頂上へ

まずは254mのピークを目指すと、そこに行くまでに東屋が建っています。山の会の人達が人力で建てたものでしょうか。ピークを過ぎて杉林の中を少し下ります。再び登り始め、きつくない尾根の途中には「臥牛展望」と呼ばれる標識。刈り払われた北西方向を見渡すと村上城のある臥牛山が望めます。さらに「佐渡展望」の標識もありますが、こちはら海が見えるほど展望がききません。葉が落ちたら見えるかもしれません。

木々の間から頂上が

木々の間から頂上が

臥牛展望からお城山が見える

臥牛展望からお城山が見える

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
*公園・キャンプ施設、登山情報等は公式のものではありません。
また、随時更新に努めておりますが情報が古い場合があります。ご利用は各人の責任でお願いいたします。
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Produced by AcornCreate