青空に誘われてふらっと鮭公園と荒川運動公園をハシゴしました。
平日といえ、これだけ天気が良いと多くの人が訪れています。


フジが紫の花を垂らしています。書くことは毎年同じような事になりますが記録にもなるのでお付き合い下さい^^; 昨年よりも花が多いと思います。ちなみに昨年は5月9日に書いてました。今年の花は若干遅めのようですね。新しくなった藤棚の下に入ると甘い香りが漂います。


栃餅でおなじみのトチノキです。ムクロジ科の落葉高木で野山の少し湿ったところで多く見かけますが、花は高い所に咲くので近くで見ることはあまりありません。ギリギリ手の届く枝の花を見ることができました。赤、オレンジ、黄色と華やかな色で、これも甘い香りがします。養蜂でもおなじみでトチミツはハチミツの中でも一番おいしいと言われますね。古くから人と関わってきた樹木です。

秋には葉も実も真っ赤に染まるナナカマドの花。実は目立ちますが花はそうでもありません。花の香りは…独特ですが、それに引き寄せられて多くの虫が集まっています。

名前は分かりませんが、こんなコガネムシみたいなのも花に潜りこんでいました。カメラを近づけると死んだふりをしてポトッと地面に落ちるので写真とってやりました。

場所を移動してグリーンパク荒川運動公園です。

敷地内の歩道沿いに植えられた満開のツツジが鮮やかです。

クリーム色の大人のこぶし大ほどあるものはホオノキの花の蕾です。モクレン科の落葉高木で数メートル離れても爽やかな香りが漂ってきます。トチノキと同じく、なかなか低い枝を見つけて観察することができません。
葉は日本産のものでは最大級です。葉の付き方を見ると日光が効率よく当たるよう放射状に付いていることが分かります。

遊具が一つ使用禁止になっていました。ひと冬越えると積雪で大きなダメージを受けてしまう、新潟の屋外遊具の宿命…それでも、公園で遊具を見た瞬間の子どもたちの笑顔を見るために整備をする価値はあるんじゃないでしょうか。

この公園、遊具のある広場脇にはちょっとしたラベンダー園が作られています。開花期はもう少し先のようです。花が咲いたら訪れたいですね。