どんより天気のなか、ふらっとまいづる公園へ。ちょうど保育園のお迎えの時間が終わりころで、かわいい挨拶の声が聞こえてきます。
092600
入り口の看板。この看板、スマホで撮るとなぜか左上の部分を顔認識…なんとなくわかるような…皆さんもチャレンジしてみてください。笑
092601
草冠に秋と書いて萩。昔から庶民の生活に溶け込んできた秋の花です。一週間以上前からもう終わりだと思っていましたが、まだ持ちこたえていたのでカシャ…
092603
市の花であり、皇太子妃雅子さまのお印ということでハマナスが多く植えられています。この実も初夏から秋まで、長い期間枝について公園に彩りを与えてくれます。
092604
完全に熟した実は茶色く乾燥しています。中は毛に覆われて大粒の種子が沢山入っています。
092605
今頃花を咲かせているマイペースなやつも…
092606
サルスベリのピンクの花も、どんよりとした空の下で鮮やかに咲いています。これもそろそろ終わり。
092607
秋の花が終わるといよいよ紅葉。公園にも少し色付いたモミジがありました。
092608
こちらはスギ科のラクウショウ。北アメリカ東部からメキシコ湾岸原産で日本には自生せず、公園などに植えられています。
092609
緑色でピンポン球大の球果がびっしりつく枝は特徴的。
092610
湿地に生えるラクウショウは、呼吸のため根からニョキニョキと地表に気根を出します。乾燥した公園などではそれほど発達しませんが小さな気根が見られました。タケノコと間違わないでください…笑。